セキュリティーソフトによるFTPの不具合

技術情報
セキュリティーソフトによるFTPの不具合

FTPを使って画像やHTMLやPHPなどのファイルをサーバーにアップした時に画像が乱れて表示されたり意味不明の動作をしたりすることがありませんか?

もちろん記述のミスの場合は論外ですが、例えば丸ごとのWordPressをFTPを使用して手動でupしている時に一つ二つのファイルが壊れている場合があります。

傾向としては画像や容量の大きい記述ファイルなどで起こり易い。

最初はFTPソフトの不具合を疑いますが、複数のFTPソフトで同じような症状が出ます。FTP以外の何かが悪さをしているようです。

いろいろ調査をした結果ですが、犯人はセキュリティーソフトです。

ゴメンナサイ、セキュリティーソフトは役目に忠実な行動をしているだけなので、犯人という表現は間違いでした。原因ですね。

セキュリティーソフトはPCが外部と情報通信(入力、出力)を行う際にファイルのウィルスチェックをします。

FTPは正にこの情報通信に当たります。

ウィルスチェックをしますからファイルにアクセスして内容を確認します。しかしFTPソフトとセキュリティーソフトとの連携が上手く行かない場合は様々な不具合が出ることになります。

FTPソフトによって症状は異なりますが、同時アクセスした場合にエラーにするもの、エラーも立てずにそのまま送るもの。

セキュリティーソフトにはチェックをしないフォルダーを設定できるものもありますが、FTPは独自の一時フォルダーなどを使用するようなので設定しても効果がありません。

果たして解決策は、FTPの時だけセキュリティーソフトの保護機能を止めることが最も分かり易くて効果的ということに行き着きました。

以下にセキュリティーソフトの保護機能一時停止の方法について紹介します。

ftp_sec2

Norton Internet Securityの例です。(他のセキュリティーソフトもほぼ同様です)画面右下のタスクトレイ内に表示される”Norton Internet Security”アイコンを右クリックします。

ftp_sec3

メニューから”自動保護を無効にする”をクリックします。

ftp_sec4

FTPにかかる時間を選択して”OK”をクリックします。

ftp_sec5

Norton Internet Securityの場合は保護機能が無効になった旨を警告してタスクトレイ内のアイコンに×マークがつきます。

この状態でFTP処理を行うと先ほど説明した不具合は生じません。

ウィルスバスターの場合はタスクトレイ内のアイコンをクリックして表示されるメニューの”終了”を選択します。少し古い情報ですが、buffaloさんのHPに説明があったので紹介します。

https://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/2325

お試しください。

«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪