特許でもらえる報酬

特許情報

特許は自分が考えたアイデアや工夫を保護し、他者(他社)がそれを無断で使用できないようにする法的根拠です。

よく特許で儲ける、という話を聞きますよね。みなさんどのくらいのお金をもらっているのでしょうか。

先ず、会社に雇われているエンジニアなどの場合です。青色レーザーの中村さんで有名になりましたが、会社員としての特許報酬は厳しいものがあります。基本は特許申請代。私の以前属していた会社の場合、5,000円でした。公私、土日関係なく考えたものがこの値段です。そして、その特許が無事権利化されて、そのアイデアの功績(採用商品がどのくらい売れたのか)によって報奨金がでます。数万から数十万が相場です。10年に一度くらいの大発明の場合は数百万がもらえると聞いたことがあります。

次に、会社に属していない人が特許を企業に売り込んだ場合です。簡単ではありませんが、売れた場合は非常に大きい額が期待できます。企業はその特許を使った商品がヒットするかどうか解りませんので、最初は数十万円程度で特許の所有を買い取ります。そして(大変重要ですが)、権利費(ライセンシー)契約を結ぶことになります。これはその商品が一つ売れると売り上げの○○%が権利者に支払われるものです。例えば5%だとしても、年売り上げが10億円でしたら5,000万円がもらえる計算になります。

特許で儲けている人は、数十社以上に企画書を送るそうです。何でもそうですが、1、2件断られてあきらめたら何も始まらないということでしょう。

«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪