ワードプレステーマの7つの要点

WPテーマ
ワードプレステーマの7つの要点

 

WordPressはもともとブログ用途に作成されたCMS(Contents Management System)ですが、現在ではホームページ全般を担う世界標準のCMSです。

イメージはPCのOSと比較すれば良いと思います。OSに相当するのがWordPress。OS上で走るアプリケーションがテーマ(Theme)となります。プラグインはWordPressとテーマに影響を与えます。(ほぼWordPress側です)

wp_exp1

WordPress開発とは主にテーマを制作することを意味します。(プラグイン開発は制作よりはシステム開発に近いです)

ですから、旧来のHTMLファイル群がテーマに移行したと考えて間違いないです。

wp_exp2

WordPressのテーマには、3つの重要なパーツ(header.php、sidebar.php、footer.php)があります。

それぞれが上図の様な関係にあります。HTMLファイルをどこで分割しても自由なのですが一応ファイル名に相応しい分割をするのが自然です。

次に、メインコンテントに何を表示するかによっていくつかの役割を持ったパーツがあります。

front-page.php(home.phpを使用する場合もあります)、page.php、single.php、archive.php(caterory.phpやcategory-○○.phpの場合もあります)などです。

WordPressテーマのポイントを7つにまとめると以下の様になります。

1. header.php, sidebar.php, footer.phpが各種ページのメインコンテント以外の共通パーツ(ページによって内容を変えることもできます)

2. トップページを表示する:front-page.php (home.phpでも良いですが)
内訳:header.php + トップページコンテント + sidebar.php + footer.phpでindex.htmlに相当:URL的にはドメイン

3. 固定ページを表示する:page.php
内訳:header.php + 各固定ページコンテント + sidebar.php + footer.phpで○○.htmlに相当:URL的にはドメイン/○○、WordPressでは○○はslug

4. 投稿記事の単体を表示する:single.php
内訳:header.php + 各カテゴリーの単体投稿記事コンテント + sidebar.php + footer.phpで投稿記事:URL的にはドメイン/△△、△△のパーマリンク形式は設定可能

5. 投稿記事の一覧を表示する:archive.php
内訳:header.php + 各カテゴリーの投稿記事コンテント一覧 + sidebar.php + footer.phpで一覧、アーカイブ:URL的にはドメイン/archives/category/投稿カテゴリー名など

6. 様々なシステム設定や関数を提供:functions.php(これがはじめは取っつきにくい・・・でも最初は“おまじない”としてでOK)

7. CSS記述やテーマを認識させるファイル(テーマの顔):style.css(従来のcssファイルをインクルードさせてもOKなので理解は難しくない)

 

実はWordPressのテーマはstyle.cssとindex.phpの二つがあれば成立します。

他のファイルの存在は絶対ではないですが、この2つだけではWordPressの様々なメリットが発揮できないので意味がないですね。

»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪