特許申請は高すぎる!

特許情報
特許申請は高すぎる!

 

特許の申請にどのくらいのコストがかかるかご存知ですか?

特許庁への支払い自体は印紙代くらいですが、実際は弁理士に明細書を書いてもらう、から始まって、国際特許を取るのであれば翻訳の費用も必要です。

相場で言うと弁理士の日本特許庁への明細書作成で30万円程度でしょうか。

PCTを使用して海外への出願を行うとトータルは軽く百万円のオーダーです。

審査が通るかどうか(特許に成るかどうか)分からないのにこれだけの費用が掛かります。

 

本当に高い・・・

 

海外の弁理士を使うともう少し安いでしょうが、かなりの出費であることは間違いないです。(少なくとも日米は高い)

インドのエージェント(弁理士)から数万円以下で代理を行う旨の連絡が来ますが、信頼性や言葉の問題があります。

 

多分、特許は企業の工業知的財産権保護が目的だと思います。

そもそも初めから個人を考慮していないシステム。

 

私も企業に属しているときには毎月の様に出願していました。(当時は出願費用について考えたこともありません)

最近、個人として特許を出願する機会があり(現在進行中)改めて驚いているところです。

費用もさることながら弁理士とのメールによるコレポンの多さ。

企業では特許部(知的財産部と呼ぶ会社が多いでしょう)のスタッフがすべてやってくれていたことを全て自分でやらないといけない。

 

個人的には日本の技術の底上げのために、個人技術者の特許出願の特別枠を作ると良いかなと思っています。

世界的には、優秀なエンジニアはフリーランスで活躍している場合が多いことをご存知でしょうか。(大企業衰退で日本でもそうなりつつある)

有名企業にいようが個人だろうが、アイデアを創造する頭脳レベルは同じ。

開発カテゴリーを限定される企業エンジニアよりも個人の方が発想に自由度があり、創造的なアイデアは生まれやすい。

 

ただ、資金が少ない・・・

 

現実は資金を持っている企業の気に入るアイデアを提供して企業の金で特許申請、または自分で作文して特許庁に直接申請。(私はあの日本語とは思えない明細文を作文する能力は無いので自分で申請したことはないです)

細かいことが大好きな日本の技術者、エンジニアはかなり優秀です。(エンジニアのレベルはそう簡単に落ちません)

企業の資金繰りが衰退(?)して日本の製造業が勢いを無くしているだけ。

かつての日本の勢いを取り戻したいのであれば、企業から外に出たフリーランスのエンジニアの豊富なアイデアを公が取り上げて欲しい。

 

実は、日本の多くのフリーランスエンジニアはアジア各国の企業にアイデアを売って生計を立てています。

でも、その国の企業は自社開発として発表する。(本当は俺たちが考えたアイデアなのにと悔しい思いがします)

 

日本のエンジニアのレベルが落ちない内に何とかしないと、本当にこの国の技術は衰えてしまう。

 

特許申請の前に信頼できる公のアイデアプールが個人エンジニアのアイデアを購入。

ある一定期間審査を行い、適合案件はプールが特許申請。

権利化されたら企業に販売。

利益の一部を発明者にバック。

そのかわり、審査で特許申請不適格との判断がされたら発明者にプールが購入した金額の返金を求める。

これだけの仕組みでもかなりのアイデアがプールされるはず。

不適格案件には返金というルールがあるので悪意はかなり排除できる。

 

すみません、今回は生産的な情報ではありません。

特許申請は高いと思いながら、日本の技術者の将来を憂いてみました。

«
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪