『MailPoet Newsletters』ステップメール実例

WP情報
『MailPoet Newsletters』ステップメール実例

 

今回は『MailPoet Newsletters』のステップメールの実例のご紹介です。

先ずステップメールについて説明をします。

ステップメールとは、予め複数のメールを用意しておいて、購読登録日時を起点として設定した間隔で順番にメールを自動配信するものです。

例えば、メールを使った講座や初歩的な商品を購入したお客さんに段階的にレベルの高い商品を紹介するなどの例があります。

『MailPoet Newsletters』はこのステップメールを実現できる機能を持っています。

※ アメリカではステップメールという名前は一般的では無い様で、単に自動メール的な表現をするようです。

次に『MailPoet Newsletters』のステップメールを実際に配信する例にフォーカスして説明をしたいと思います。

(基本的な設定はこちらを参照にしてください)

 

リストとか、購読者とか

これらの設定は通常のメルマガと全く同じですからメルマガ実例をご覧ください。

※ 事前に説明のためにステップメール用のリスト”ステップメール会員”を作成しています。

 

ステップメールを発信しましょう

先ずは配信するコンテンツ(メールマガジン)を用意します。

ステップメールの数に制限はないのですが、ここでは購読登録時に発行する1回目のメルマガと購読登録の1時間後に発行する2回目のステップメールを作成します。

管理画面の『MailPoet』の欄にある”ニュースレター”をクリックすると、上図の様な画面が出ます。

”メールの新規作成”をクリックしてレターを作成することが正統な方法ですが、過去に作成したレターの内容が流用できるので、適切なレターの”複製”を使うことをおすすめします。

 

1回目のメルマガ(第1ステップ: メインの詳細)

上図の様な画面になりますから、名称を付けます。

ステップメールですから、”自動的なニュースレター”にチェックを入れます。

次に”誰かがリストを購読した場合”を選択します。(少し日本語が曖昧ですが、”購読登録をした時”の意味です)

更に隣のプルダウンから対象のリストを選択します。(ここでは”ステップメール会員”を選択します)

最後にステップメールで最も重要な設定をします。つまり、このメルマガを『いつ』配信するかです。(これが無かったらステップメールではないですから)

ここでは、1回目のメールなので、購読登録をしたらすぐに配信したいので”即時”を選択します。

すべての記入が完了したら”次のステップ”をクリックします。

 

1回目のメルマガ(第2ステップ: “1回目のメルマガ”)

編集の方法は通常のメルマガと全く同じですからメルマガ実例をご覧ください。

編集が終わりましたら”次のステップ”をクリックします。(編集の途中でも”変更を保存”で細目に保存してください)

 

1回目のメルマガ(最終ステップ: 最後の詳細)

最後のステップです。

送信者、返信先の名前とメールアドレスの情報を入力します。

デフォルトで『MailPoet』の欄にある”設定”から行ける設定ページの”通知の送信者”の情報が表示されますので必要に応じて修正してください。

”購読している人を無視する”にチェックが入っていることを確認します。

”購読している人を無視する”のチェックを外すと既登録者にも配信されます。(つまりステップメールの順番を無視します:緊急追加メルマガなどに使用します)

※ WordPress標準のCron(時間調整の仕組みとお考えください)はWordPressサイトに閲覧者が来たり、編集が行われたりした時に現時間を確認して通過している場合に予約を実行します。つまり、何日もアクセスや編集が無いサイトの場合には予約は実行されません。そのためアクセス数の少ないサイトではWordPressシステムを目覚めさせるために外部からのCronの設定(こちらのCronは実時間通りに発火します)が必要です。

すべての設定が完了しましたら、”すぐにアクティベートする”をクリックします。(有効化しない場合は”下書きとして保存して閉じる”をクリックします)

※ ”購読者を本当に無視しますか?”と警告メッセージが出る場合がありますが”OK”をクリックします。

 

1回目のメルマガ(完了)

あなたの作成したステップメールの1回目のメルマガがスケジュールされました。

 

次に2回目のメルマガを作成します。

 

2回目のメルマガ(第1ステップ: メインの詳細)

設定方法は1回目のメルマガと全く同じです。

ここでは、2回目のメールなので、購読登録から1時間後に設定します。

※ 時間、日、週を使ってあらゆる間隔が設定可能です。

すべての記入が完了したら”次のステップ”をクリックします。

 

2回目のメルマガ(第2ステップ: “2回目のメルマガ”)

設定方法は1回目のメルマガと全く同じです。

 

2回目のメルマガ(最終ステップ: 最後の詳細)

設定方法は1回目のメルマガと全く同じです。

 

2回目のメルマガ(完了)

あなたの作成したステップメールの2回目のメルマガがスケジュールされました。

これで準備完了です。

あとは実際に購読登録が行われると順番に(Step)メルマガが配信されます。

今回は2回だけのステップメールでしたが、同じ内容を繰り返すだけですので難しく無いと思います。

何事も確認が大事ですので、ステップ間隔を短くして(実際は週や月の単位でしょうが実験のため1時間にして)ご自分でテスト購読登録を行うテストを行ってください。

 

※ 『MailPoet Newsletters』は優秀なプラグインだと思いますが、説明の日本語訳が少し微妙なのと取扱い説明が少ないので慣れるまで時間がかかるかもしれません。(また、機能していないところもあるようです)しかし、海外製のプラグインはそんなもんだと割り切ってください。(笑)

 

お試しください。

«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪