コンピューターの種類

技術情報

コンピューターは様々な種類があります。パソコン、スパコン、マイコン、最近はあまり聞きませんが、ミニコン・・・などなど。電卓もコンピューターの一種です。

パソコンは、パーソナルコンピューターの略。説明はいらないですよね。

スパコンはスーパーコンピューターの略で大型の計算速度を極めたもの。天気予報や新薬開発のシミュレーションなどの膨大なデータを短期間に処理しなければならない特殊用途で使用されます。

マイコン、これはコンピューターセットの名称ではなく、コンピューターの頭脳、CPUなどのチップを指します。主に組み込み系(電気製品などを制御するために基板上にあるコンピューターのこと)で使用される言葉です。マイクロコンピューターの略称です。

ミニコンはミニコンピューターの略で、昔30年前ごろに大学の研究室に大事そうに置かれていた贅沢なコンピュータのことです。性能は現在のパソコンと同等かそれ以下です。

基本的にコンピューターの名称は商標であったりメーカーが付けた愛称がその起源です。そして組み込み系のマイコンシステムから国家プロジェクトのスパコンシステムまで、基本的な構成は同じです。演算部(CPU)、記憶素子(RAM、ROM)、入出力(IO)等の組み合わせ。スパコンも演算部を並列化(たくさん並べて同時にたくさんのデータを処理する)するとか配線を銅パターンではなく光ファイバーにするとかの違いで基本的構成は電卓と同じ。この基本的構成は、ハンガリー人の偉大なる物理(?)学者ジョン・フォン・ノイマンが考案したためノイマン型コンピューターと呼ばれています。

«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪