JavaScriptとは?

技術情報

JavaScriptをご存知でしょうか。お茶の名前ではありません。ホームページに非常に関係の深い言語です。

ホームページはHTMLとCSSで記述されることはこれまでにお話しました。何かを計算したり細工を施したりするためにPHPというプログラム言語があることもお話しました。

更に何かが必要なのでしょうか。そうです、JavaScriptが存在するということは、他の言語ではできないことを行うためなのです。

PHPはサーバーと呼ばれる送り出し専用のコンピューターが処理を行います。あなたが操作した内容の結果をHTMLで出力して表現するだけです。

一方、JavaScriptはあなたのパソコン(のブラウザ)が処理を行います。ですから、サーバー処理系プログラムがちょっと苦手な細かい入出力や動きが機敏にできます。

ポップアップ、フェードインアウト、タイミングでの音等々・・・。これがホームページの「動き」を担うと言われる理由です。

しかし、JavaScriptがもてはやされる最大の理由は、jQueryやAjaxなどの豊富な応用が可能なところにあります。複雑なことがいとも簡単にできてしまいます。

本テックエイドサイトではJavaScriptを使用した個所はほとんどありませんが、今後、どこかで使用してご紹介をしたいと思います。

ちなみに、JavaScriptとJavaとはまったく別の言語です。JavaはPHPと同様にサーバー処理系プログラム(CやC++の進化形と言いますか、Webへの親和性を高めた言語)です。

«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪