「発明は柔らかい発想から」に潜む勘違い

特許情報

特許など、新しい事を考えるときに重要なことは、既成概念を突き破る”柔らかい発想”であることは間違いがありません。

しかし、この使い古された”コツ”を勘違いしている人が多いことに驚かされる時があります。

既成概念を突き破るわけですから、自由な発想が必要です。大胆な、前例を恐れない自由な考え方。

ここまでは正しいと思います。しかし、人間は身勝手な自分よがりな生き物なので、たまに、自由を自分勝手と混同する場合があります。

それは、技術の世界でも同じです。自分に都合のよい解釈をしてしまう。

優秀な研究者やエンジニアでも、壁にぶつかったり、何か事を急いている場合に陥ってしまう罠です。

理論的に正しいのか?

技術のベースにある憲法です。

全ての技術が、物理、化学などの基本的理論を根拠にしています。(数学は少し違います)

理論的な破綻は実際の実験をすると直ぐに結果が分かるのですが、特許などでは思考実験だけで進めてしまう場合が多々あります。

やはり、”ブレークスルー”したと喜んだ後は、落ち着いて理論的に正しいかの再検証をすることが重要です。


«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪