SEO対策の本質は親切心

技術情報

少し面白いタイトルにしてみました。

SEO対策の本質は親切心

ホームページ制作を始めた頃に様々な参考書を読みました。特にこれまで馴染の無かったSEOに関しては相当の時間をかけて勉強しました。

勉強した対策をすると、確かにアクセス数は面白い様に伸びます。

しかしですね、数か月程度経った時に気付いたのです。

検索結果の上位にランクしてアクセス数が増えても”問い合わせ”や”申し込み”が少ない。

不思議に感じて調べてみると、新規率(初めてホームページに来る人の割合)が非常に高い。つまり、リピーターが少ないのです。

そうです。コンテンツの充実を怠っていたのです。

その頃は、アクセスの多い記事の中からキーワードを抽出して新たな対策に反映させていました。常套手段です。

しかし、私はリピーターが欲しかったので、コンテンツに注力する様にしました。

たくさん読んでもらえる内容や言い回しなどを調べて、試行錯誤ですが、コンテンツ重視をしばらく続けました。

すると、アクセス数はそれほど伸びないのですが、リピート率が大幅に改善されました。

そして、それに比例して、”問い合わせ”や”申し込み”も増え始めたのです。

多くのホームページの目的は多くの人に何かしらのアクション(購入や申し込みなど)をしてもらうことですから、アクセス数が絶対ではないのです。

私はクライアントさんに、SEOは必要最低限に留めて、とにかく読んでもらえる、また読みたいと思ってもらえるホームページを勧めています。それは、即ち、親切なホームページということです。

多くの読者が付く記事があったら、その記事の連載をする。ページ上に不親切な個所を見つけたら修正改善をする。などなど。

地道ですが、大きな効果があります。

そしてですね、嬉しいことに、意識的にSEO対策はしていなくても、着実にアクセス数も増えるのです。


«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪