特許は誰の物?

特許情報

2014年9月3日に次の様な記事(朝日新聞デジタルなど)が出ました。

『政府は、社員が仕事で発明した特許を「社員のもの」とする特許法の規定を改め、無条件で「会社のもの」とする方針を固めた。これまでは、十分な報償金を社員に支払うことを条件にする方向だったが、経済界の強い要望を踏まえ、こうした条件もなくす。企業に有利な制度に改まることになり、研究職の社員や労働団体は反発しそうだ。・・・(中略)・・・特許庁は3日の特許制度小委員会で新方針を説明し、来年の通常国会に特許法改正案を提出する考え』

特許を申請するときの明細書には、発明者と出願人を記載します。発明者はその名前の通り、その特許技術を発明した人です。出願人はその特許を特許庁に出願した人。通常は発明者の所属する企業法人になります。

現在は、特許はあくまで”発明者”の権利であり、”出願人”がそれを行使するためには、発明者が権利を放棄する旨のプライベート契約を結ぶ必要があります。通常、特許技術開発は、会社との雇用契約の中で行われており、出願費用等も会社が負担することを考えれば当然かもしれません。

特許を重要な財産だと認識する会社は、研究開発者のモチベーションを維持するために、成果報酬などの特典を設けていることが普通です。

つまり、これまでは、プライベート契約で権利を出願人に譲渡し、結果が出た時に報酬をもらうという、信頼関係で成り立っていました。もし、会社との信頼関係が崩れて訴訟を起こし、プライベート契約が無効であると判断されたら、発明者の権利になる可能性があったわけです。


しかし、今回の改正案は無条件に出願人の権利になるという案。

法的に出願人の権利と明記されたら、成果報酬などにも影響が出るでしょう。現場のモチベーションはどうなるでしょうか。

発明をノルマにしている企業は多いのですが、ノルマ特許は箸にも棒にも掛からぬなんちゃって特許が多いのが実情です。

本当の意味のある発明は研究開発者の私生活をも犠牲にした、ある種技術への善意から生まれることが多い。私が”発明者”だ、というプライドの様なものでしょうか。

もし、”発明者”の存在を軽視する法案が成立したら、心理的に良い発明は出にくくなるのは間違いない。


言葉だけでも良いから、特許は原則的に”発明者”の物であり、権利を出願人に貸しているというスタンスを取ってもらいたい。

技術屋は金が欲しいだけで特許を書くわけではない。自分の技術者としての存在価値を証明したくて書く場合が多い。

そのプライドの拠り所が、「特許は発明者の権利である」ことを、発明をしたことの無い文系企業経営者や官僚は理解できないのでしょうね。

記事が危惧している、研究開発者の海外流出は多分心配することは無いと思いますが、お仕事的やっつけ特許でノルマ達成を行う人は増えますね。

まだ信じられないのですが、本当ならば、国会の良識に期待するしか無いです。


«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪