オープンソースと特許

特許情報

特許という観点で見ると、私が生業の一つにしているWordPressというオープンソースは非常に扱いにくいものです。

WordPressは一種のOSの様なもので、その上でPHPというプログラム言語で様々な機能を記述します。

プログラム言語ですから、書いたコードには著作権が発生します。これは問題ありません。

しかし、プログラムで構築した新規のアルゴリズムに権利を発生させて良いのでしょうか?

多分、法的には権利を発生させて特許化は可能でしょう。

しかし、WordPressはオープンソースです。オープンソースとはそのコードを自分で勝手に改造してもOKということ。

権利を主張して、テーマやプラグインを有料で配給したとしても、その後は他の人の礎になることを拒否できない・・・

弁理士の先生にまだ聞いていないのですが、難しい問題だと思います。

大きくはLinuxから始まったオープンソース。

世界中の人が恩恵を受ける反面、苦労して発明をした人へのご褒美が曖昧な感じ。(欧米ではチップの様な寄付制度が定着してますが、日本では・・・)

オープンソースで日本人があまり活躍しない(できない)のはこういう背景があるからかもしれませんね。

«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪