Google XML Sitemapsを使ってSEO補強

WP情報
Google XML Sitemapsを使ってSEO補強

SEO対策は地道に小さな作業をコツコツと積み重ねて行くものです。

今回はSEOおまじないの中でも有名で有効なプラグイン、Google XML Sitemapsの紹介です。

検索表示は検索エンジンのクローラー(巡回機という意味ですね)が各サイトを自動で回ってデータを収集した結果を使用しています。

クローラーがサイトの何をどのくらい観ている(?)かは推測するしかないのですが、世界中の膨大なサイトを細かく全てを観ていないのは確かです。(時間的に不可能)

そこで、クローラーに対して「このサイトのページの内容はコレコレ、最近更新したページはコレコレ・・・」なんて目次の様なファイルが用意されています。

それがsitemap.xmlです。(サイト内にある閲覧者向けのサイトマップと同じ名前ですが異なるものです)

これがあると全てのページをクロールしなくても全体を把握できるわけです。(SEOは検索エンジンが分かりやすいと判断したサイトが有利になりますから)

そして、そのsitemap.xmlファイルを自動生成するプラグインがGoogle XML Sitemapsです。

このプラグインは非常に簡単でインストールして有効にするだけで初期設定のままで使用できます。

sitemap1

しかし、WordPress設定の表示設定で”検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする”にチェックが入っていると、下図の様にGoogle XML Sitemapsの設定画面に、機能できない旨の注意文が出ます。

Google XML Sitemapsを使用するときは(当たり前ですが)”検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする”のチェックを外す必要があります。

sitemap2

正しくインストールしてWordPress設定(表示設定)の”検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする”のチェックが外れた状態で、何か投稿記事等を更新すると自動的にサイトマップファイルを生成し各検索エンジンに通知を行った旨のメッセージが表示されます。

(以前のバージョンでは実際にサイトルートディレクトリーにsitemap.xmlが生成されていましたが現在は検索エンジンにファイルのURLを通知する仕様に変更になっています)

sitemap3

そしてsitemap.xmlの中身はどうなっているかと云うと、URL:あなたのサイトのドメイン/sitemap.xmlでアクセスすると観ることができます。

中身はサイトの目次の様なものですが、最上部の図の様に更新履歴等が書かれています。

簡単なツール(インストールして有効にするだけ)ですから、まだWordPressサイトで未設定の方はお試しください。

«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪