ものすごく便利なプラグイン、AddQuicktag

WP情報
ものすごく便利なプラグイン、AddQuicktag

今回は、私が重宝している便利なプラグイン『AddQuicktag』のご紹介です。

WordPressの固定ページや投稿記事を作成するときに編集画面を開いて入力します。

その時にお決まりの言葉使いや頻繁に出て来るHTMLのタグ付けなどがあるはずです。

『AddQuicktag』はそれを記憶して簡単に貼り付けることができるプラグインです。

addquick2

『AddQuicktag』をインストールして有効にすると、WordPress管理画面の設定メニューの中に”AddQuicktag”の項目が表示されます。

addquick3

設定は非常に簡単です。(最近のバージョンアップで設定欄も大きくなって使いやすくなりました)

「Button Label* and ラベル名」に名前を付けます。私は<p><h1>タグなどを設定していますからpとかh1とかにしています。

「Start Tag(s)* and 終了タグ(s)」には実際に反映するタグや文字列を記入します。HTMLタグの場合は始まり(<p>)と終わり(</p>)を書きます。

「Access Key and 順番」は編集画面に表示する順番を書きます。(特にこだわりがなければ記入しなくてもOKです)

そして、表示させたい編集画面のチェックボックスにチェックを入れます。

addquick4

もちろん、HTMLタグ以外に普通の文字列も設定可能です。その場合は終了タグの欄は空欄にします。

実際の新規設定登録は一個ずつですから、必要項目を書いて”変更を保存”ボタンをクリックします。既存の設定の修正は直接修正を行ってから”変更を保存”ボタンをクリックします。

設定画面はこれ以外にもあります(英語表記で下部にあります)が、さほど重要ではないので今回は省略します。

addquick5

編集画面(テキストモード)に先ほど設定した”p”、”h1”~”h4”、”テックエイド”、”あいさつ文”が表示されています。

編集画面に文字列を書いて、タグを付けたいエリアを選択します。そして”p”ボタンをクリックすると<p></p>で自動的に挟んでくれます。(便利!)

addquick6

もちろん、エリアの先頭にマウスカーソルを持っていって”p”ボタンをクリックすると<p>が付いて、その後エリアの最後にマウスカーソルを置いて”p”ボタンをクリックすると</p>を挿入します。しかしある程度書いてからまとめて(エリア指定)タグを付けた方が簡単です。

addquick7

次にビジュアルエディターを観てみます。

ビジュアルエディターではプルダウン表示されるようなので、そこから挿入したいものを選択します。ここでは”あいさつ文”を選びます。

addquick8

ちゃんと定型文として挿入されました。

如何でしょうか?

基本的には文字列記憶と文字列挿入なので、使い方は無限にあります。編集の効率が飛躍的に向上するプラグインだと思います。

お試しください。

«
»
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪