コンテンツ制作の構成

固定ページの構成

固定ページの構成は、見出し(ヘッドライン)と本文、画像の3点が主な要素です。

この3つの要素を使って、あなたのスキルに合ったレベルで、パターン化します。

パターン化を行うと、他の固定ページと一貫性が取れて分かりやすい、美しいコンテンツになります。

また、新規の固定ページを制作するときもあなたは内容に集中すれば良く、あとはパターンに埋め込むだけなので非常に効率が良くなります。

以下に固定ページの見出し(ヘッドライン)、固定ページの本文、固定ページの画像の3つの要素について更に詳しく説明します。

固定ページの見出し(ヘッドライン)

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

見出し(ヘッドライン)はコンテンツを分かりやすく、美しく見せるための基本中の基本のアイテムです。

通常は大見出し、中見出し、小見出しの3つを使うことが多いです。(大中小は便宜上の名前です。見出しを3つを使うという意味です)

別に10個の見出しを使っても良いのですが、人間の把握(整理)能力を超えるためお勧めできません。

バランス的には、一つの固定ページのタイトル(大見出し)が一つで、話題(中見出し)がいくつかあって、その話題の中の説明等に小見出しを使うとちょうど良いと思います。

このページの大見出しは、ページの最上部にある”コンテンツ制作の構成”になります。この固定ページの内容を端的に表すタイトルになります。

次にこの固定ページで話題にしたいこと、”固定ページの構成”や”投稿記事の構成”などが中見出しになります。

そして、”固定ページの構成”という話題を説明する”固定ページの見出し(ヘッドライン)”、”固定ページの本文”、”固定ページの画像”が小見出しです。

固定ページの本文

texture-1362872_1280

本文は、コンテンツを成す文章のことです。

みなさんは日本語のプロですから内容に関してのノウハウをわざわざ私から教わる必要はないと思います。

しかし、ホームページコンテンツの文章制作にはちょっとしたコツがあります。

それはパラグラフを意識して文章を書くことです。

パラグラフは日本語の段落に近い概念ですが、もっと分かりやすい表現で言うと、文章の見やすさを考えた”文章のまとまり”のことです。

ホームページはPCやスマホのディスプレイで閲覧しますから、紙媒体より見やすさを意識した方が良いです。

パラグラフについての詳細は、美しい文章を演出する HTMLタグ(パラグラフ)をご覧ください。

固定ページの画像

reading-385059_640

画像は、コンテンツを分かりやすくするための重要なアイテムです。

固定ページは汎用的で比較的恒久的な内容になりますから、少し事務的なスタイルが良いと思います。(長期間表示しても飽きが来ない)

それを演出するために規則的に画像があると良いと思います。

本ページを例にとると、小見出しの直下の右側にメインフレーム幅の40%の画像を差し込むルールにしています。

直接説明を行う画像が無くても、内容をイメージさせる画像があるだけでもコンテンツが引き締まります。

もちろん、コンテンツを分かりやすくするための画像は積極的に(ルールを意識しないで自由な配置で)使用するべきです。

 

投稿記事の構成

投稿記事の構成は、アイキャッチ画像と本文、画像の3点が主な要素です。

この3つの要素を使って、あなたのスキルに合ったレベルで、緩くパターン化します。

固定ページとは異なり見出しを意識することは避けた方が良いと思います。

それは、見出しを使用することにより固定ページの様な事務的な理路整然とした印象を演出しかねないからです。

緩いパターン化とは、あまり決まった形を決めず自由な形式を大事にすることです。

投稿記事はブログなど、内容が一定で無いものを、ざっくばらん(気軽に)に綴るものです。

パターンのルールが厳密だと頻繁に更新するモチベーションにも影響しますし、自由な表現にも制限がかかります。

以下に投稿記事のアイキャッチ画像、投稿記事の本文、投稿記事の画像の3つの要素について更に詳しく説明します。

投稿記事のアイキャッチ画像

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

アイキャッチ画像はWordPressの重要な機能です。

投稿記事(固定ページにもあります)毎に割り当てられていて、その投稿記事をダイジェスト(新着情報など)でリストするときのサムネイル画像になります。

云わば、その投稿記事を象徴する画像でしょうか。

アイキャッチ画像はその投稿記事を印象付ける画像ですから、コンテンツの目立つところに表示させるべきです。

WordPress記事では、コンテンツの最上部にメインフレーム幅いっぱいのアイキャッチ画像を表示させるパターンが多いです。

投稿記事の本文

analog-972947_640

投稿記事の本文は、何も意識せず思いつくままに書いて良いと思います。

体裁よりも内容。

ただし、見やすさのためにパラグラフを意識して書きたいです。

パラグラフについての詳細は、美しい文章を演出する HTMLタグ(パラグラフ)をご覧ください。

投稿記事の画像

reading-385059_640

投稿記事の画像は、無ければ無いでOKという軽い感覚で良いと思います。

投稿記事自体はアイキャッチ画像があるためある程度は引き締まっているからです。(そのためのアイキャッチ画像です)

それに、投稿記事は比較的短いコンテンツなので文章だけでも問題はありません。

もちろん、コンテンツを分かりやすくするための画像は積極的に使用するべきです。

  • LINEで送る
ta_thm001_feature
ta_thm001_blog_smallta_free_pics
ta_thm001_downloadta_thm001_manualta_designing