SEO関係コンテンツ制作設定方法

はじめに

SEO(Search Engine Optimization)対策機能はWordPressテーマに限らずホームページの必須アイテムになりました。

SEO対策の重要性と検索エンジンのランク付け要因等についてはネット上にたくさんの情報があるのでみなさんご存知だと思います。

先ず、SEO対策の基本中の基本のタイトル(Title)とディスクリプション(Description)を説明します。

seo_exp1

上図はGoogleで弊社名”テックエイド ワードプレス”を検索した結果です。

図中に書いていますが、TitleとDescriptionが表示されます。

実はこのTitleとDescriptionはホームページの先頭に記述されています。

seo_exp2

上図は弊社テックエイドHPのHTML記述の先頭の抜粋です。

いろいろありますが、TitleとDescriptionに注目してください。

グーグルの検索結果はHTML記述のTitleとDescriptionがそのまま表示されています。(Titleは途中で切れていますが)

みなさんが普段観ている検索結果の正体はこれだったのです。

 

次に検索結果のDescriptionの中の太字(分かりやすいようにピンク下線をつけています)が二つあるのが分かりますか?

「テックエイド」と「WordPress(ワードプレス)」です。

これは検索エンジンがこの二つの単語にヒットしたという意味です。

TitleとDescriptionがSEO対策の基本中の基本と述べたのは、この2か所に重要なキーワードを入れるとヒットする確率が高いという意味です。

 

ワードプレスに関係するテックエイドという名称は多分日本で弊社だけですから検索結果の上位に表示されるのは当たり前です。

検索結果の上位に表示されるためにはグーグルの決めたルールでランクの上位に入る必要があります。

グーグルのランキング方法の詳細は公表されていません。

HTMLのメタ情報のキーワード、canonical情報が有利に働く・・・

ホームページの最初に出てくるh1の内容が有利に働く・・・

優良外部リンクが有利に働く・・・(購入リンク等は逆に不利になる)

アクセス数や滞在時間が有利に働く・・・

・・・

グーグルは高品質の優良なサイトが上位に表示されように日々検索エンジンのアルゴリズムを改善しているので何をして高品質・優良と判断されるかは一定ではありません。

 

ランキングの要因は様々ですが、SEOの基本はTitleとDescriptionのキーワードであることは間違いのない事実です。

キーワードの考え方には戦略的キーワードとロングテールがあります。

戦略的キーワードとはSEOを意識して固定的に記載するキーワードのことです。

例えば、弊社であれば、ワードプレス、ホームページ制作、出張制作、テーマなど業務に密接に関わっている単語をTitleやDescriptionに入れると良いことになります。

次にロングテールの説明をします。

有名なキーワードは業界の老舗が上位を占めるのでなかなかヒットしません。(これをビッグワードと言います)

そこで新参のサイトはビッグワード以外にたくさんの関連する単語を組み合わせる作戦を取ると良いとされています。

例えば弊社の場合ですと、ワードプレス、ホームページ制作などのビッグワードでは先輩企業さんにとてもかないませんから次のような単語の組み合わせを考えます。

ワードプレス、出張、川崎市麻生区、横浜市青葉区、・・・・

検索をする人が、「私の住んでいる近くでワードプレスをやっている・・・」と考えて検索ボックスに複数の単語を並べることを想定するわけです。

この様に複数の単語の組み合わせで上位ランキングを狙う手法をロングテール戦略と言います。

 

「そうかそうか・・・複数の関連単語ね」

と言われても、思いつきますか?

数個の組み合わせは見つかってもとても人間業では無い・・・と思いませんか。

 

実はですね、便利なテクニックがあります。

それは固定ページやブログなどの投稿記事の先頭の文字列を自動的にメタ情報のDescriptionに表示させる方法です。

Descriptionは120文字程度表示されますから結構な情報量です。

この文中にロングテール戦略を満たすキーワードが入っていることを期待するわけです。

seo_exp3

上図は弊社テックエイドのブログの例です。TAテーマ001はDescriptionにブログの先頭120文字を自動挿入する設定ができます。

ですから、この機能を使っているときはブログの先頭に天気の話題などを書いてはいけませんよ。(笑)

意味のあるロングテールになるような単語が入っている(かもしれない)文脈にすると良いですね。

 

TAテーマ001のSEOツールは保守的な機能にも先進的な機能にも対応しています。

また、無記入にならないようにデフォルト(初期値)設定も充実していますから、コンテンツ制作に没頭してSEO対策を忘れた場合でも大丈夫です。

 

タイトル・キャッチフレーズ

seosmo_1

SEO(Search Engine Optimization)対策の基本中の基本はタイトルです。

ブラウザのしおりの様なところに表示されます。(検索エンジンはHTML記述の中の間の記述を読み込む)

通常はWordPress設定一般の”サイトのタイトル”と”キャッチフレーズ”を組み合わせて表示させます。

トップページは“サイトのタイトル”|“キャッチフレーズ”、他のページは、“各ページの名称”|“サイトのタイトル”と出力することが一般的なタイトル表記です。

しかし、一般的にSEOのキーワードが多く含まれているのはキャッチフレーズの場合が多いので、『TAテーマ001』では、通常の表記に加えて、トップページ以外も“各ページの名称”|“キャッチフレーズ”と出力できるモードを用意しています。

 

メタキーワード

seosmo_2

上図はHTML記述上のメタキーワードの表示例です。SEO対策は検索エンジンが相手なのですべてHTML記述上での対応となります。

メタキーワードはホームページを端的に表すキーワードを検索エンジンに知らせる役目があります。

ページ毎にメタキーワードは出力されるので、『TAテーマ001』では各ページで使用されるキーワードやカテゴリー名、タグ名などを加算して出力できる設定が可能です。

TAテーマ001のメタキーワード設定方法の詳細は、『TAテーマ001』の取扱い説明(共通設定)SEO・SMOをご覧ください。

 

メタディスクリプション

seosmo_3

上図はHTML記述上のメタディスクリプションの表示例です。メタディスクリプションは極めて重要なSEO対策アイテムです。

メタディスクリプションが重要な理由は二つあります。一つは検索エンジンが必ず観るということ。もう一つは検索結果の説明文に使用される可能性が高いからです。

つまり、メタキーワードとは異なり、検索結果で表示されるときには人間の眼にさらされます。ですから、SEOキーワード対策がなされながら、ちゃんとした日本語になっていないと検索者の眼には留まらないことになります。

検索結果での表示文字数は制限があるため、『TAテーマ001』では入力時に120文字で制限をしています。

各ページでメタディスクリプションが未入力時には共通ディスクリプションを使用するか各ページの先頭120文字を抜粋(文字以外は無視)するかを選択できます。

TAテーマ001のメタディスクリプション設定方法の詳細は、『TAテーマ001』の取扱い説明(共通設定)SEO・SMOをご覧ください。

 

カノニカルタグ

seosmo_4

上図はカノニカルタグの表示例です。ホームページ(サイト)は複数のドメインを関連付けることが可能です。

例えば、http://abc.jpとhttp://xyz.comを同じサイトに割り当てることもできます。

多用される例では、http://qwerty.comとhttp://www.qwerty.comの様なwwwの併用でしょうか。

www併用に関しては将来改善されるでしょうが、複数の完全に異なるドメインの併用は検索エンジンは区分けができません。つまりアクセス数などのデータが全く別のサイトとして扱われるのです。

この様な不具合を避けるためにカノニカルタグが存在します。どの様なドメインから辿り着いても検索エンジンにはカノニカルタグで設定したURLとしてカウントしなさいと指示をするタグです。

『TAテーマ001』では、未設定の時はWordPressの基本設定に登録されているドメインを出力します。

TAテーマ001のカノニカルタグ設定方法の詳細は、『TAテーマ001』の取扱い説明(共通設定)SEO・SMOをご覧ください。

 

h1表記

seosmo_5

上図はh1表記の表示例です。

歴史的な経緯で検索エンジンはページの最初のh1タグの内容を大事にします。(昔は1ページにh1タグは一つという習慣があったためです)

昔ほどではないにせよ、検索エンジンはh1を重要視します。検索エンジンはHTMLファイルを頭から観て行きますからなるべくファイルの最初にあったほうが有利ということになります。

『TAテーマ001』では、ヘッダーの屋号ロゴのエリアにh1表記を位置させています。もちろんデザイン性も考慮して様々なカスタマイズが可能です。

TAテーマ001のh1表記設定方法の詳細は、『TAテーマ001』の取扱い説明(共通設定)SEO・SMOをご覧ください。

  • LINEで送る