画像圧縮を最適化するプラグインEWWW Image Optimizer

WP情報
画像圧縮を最適化するプラグインEWWW Image Optimizer

 

今回は画像圧縮の最適化を行うプラグインEWWW Image Optimizerのご紹介です。

WordPressでサイトを構築、運営している方ならば、jpegやpngの様な言葉を聞いたことはあると思います。

これは画像の圧縮の方法(フォーマットと言います)のことです。

オリジナル(生)の画像は大きな情報量を持ち、そのままだとネットワーク回線を圧迫したり、処理や表示に時間がかかったりするため、現在では必ずと言ってよいほど圧縮を施します。

圧縮を簡単に言うと、画像の似た部分や見た目上気にならない様な細かい情報を省くことによって情報量を減らすことです。

画像は弱い圧縮の方が情報量が多いため美しいのですが、サイトで表示に時間がかかる場合があります。

かと言って、強力な圧縮をすると画像の粗さが目立ってしまいます。

サイトにとって良い塩梅の圧縮を行ってくれる優れものがEWWW Image Optimizerです。

上図はEWWW Image Optimizerを有効にした後の設定画面の様子です。

実は、特に技術的なこだわりが無ければ設定はデフォルト(初期値)のままで十分です。(もともと最適化をお任せするプラグインなので当たり前ですが)

なので、今回の紹介では設定に関してはそのままを前提に説明をいたします。

 

画像圧縮なので、このプラグインの舞台はWordPressの『メディア』になります。(Wordpressの画像ファイルは基本的にメディアで管理されます)

さて、このプラグインをインストール、有効にした後に行う画像ファイルアップロードは自動的に圧縮の最適化が行われます。ですから、スマホやデジカメで撮った画像をそのままアップロードしてもこのプラグインが最適化を行い軽くします。

このプラグインの素晴らしいところは、以前の画像(圧縮の最適化がされていない画像)も対象にできるところです。

”メディア”の中の”一括最適化”をクリックしてください。

”最適化されていない画像をスキャンする”をクリックします。

最適化をした方が良い画像の数(上図の例ですと5408個)が表示されます。”最適化を開始”をクリックすると処理が始まります。

再最適化を強制はチェックを入れない方が良いです。(時間がかかります)

ここで注意して頂きたいことは、画像圧縮の最適化には『時間がかかる』と言うことです。

サーバーの処理能力次第ですが、この”一括最適化”を行う場合は、夜寝る前に開始して目が覚めた時に終了している、くらいの余裕で行ってください。

 

また、このプラグインは画像毎に最適化が可能です。

上図は”メディア”の”ライブラリ”を表示させたものです。

既に最適化されたものは青枠の様な表示、未だされていない画像は赤枠の様に表示されます。

最適化したい画像の”今すぐ最適化!”をクリックすると実行されます。

 

実は、このプラグインは『人によっては』非常に評判が悪い・・・

例えばブログにたくさんの画像を連続的にアップデートすることが多い人です。

画像圧縮の最適化(数回圧縮を行う)を連続で行うため非常に時間がかかるのです。

有益だけど、使い方によっては不便・・・

さて、

このような不満をお持ちの方に私は次の様な使い方をすすめています。

普段はこのプラグインEWWW Image Optimizerを無効にしておきます。そして、数ヶ月に一度有効にして”一括最適化”を行ってサイトの負荷を軽くする。最適化が完了したらまた無効にする。

こうすると普段はストレスなくアップロードできますし、定期的にサイトの負荷を軽くすることで閲覧者の不満も最小限に抑えられます。

 

お試しください。

«
  • LINEで送る

音声ミュートを解除すると軽快な音楽が流れます (^^♪