コスト改善・技術評価支援について

テックエイドのエンジニアは豊富な部品知識と回路評価・検討の経験を持っています。

御社製品のコスト改善策のご提案と代替部品・回路の技術的評価を行います。
※ 御社のエンジニアリソースにご負担を掛けないコスト改善が実現できます。

また、ディスコン部品の代替部品調査・回路再設計、変更後の各種技術的評価にもご活用ください。
※ 御社の工場購買リソースにご負担を掛けないディスコン対策が実現できます。

 

具体的なご支援内容

標準的な例を使ってご紹介いたします。下記例のすべて、または一部のご支援をいたします。(下記例に無い内容についてもご相談ください)

① 改善対象部品・回路の抽出 代替部品の調査

御社対象製品の回路図と部品表から改善対象部品を抽出いたします。(事前にNDAを締結致します)更に、代替部品の価格や入手性を調査致します。
この時点で御社に結果資料を提出いたします。(生産計画などからコスト改善額が予測できます)

② 代替回路設計

マウント(ランドパターン)互換の無い代替部品を使った回路を再設計致します。現行の回路スペックと同等、もしくは上回る性能を実現します。
※ 現行の回路スペックをあえて落とすことで大きなコスト改善が行える場合は御社とご相談の上実施いたします。

③ 既存基板の改修による技術的評価

代替部品を既存基板を改修して手作業にてマウントを行い通常動作の評価を行います。また、高低温等のストレス評価も同時に行います。
※ 多ボールBGAなど手マウントが不可能な場合には別途ご相談になります。
※ 評価内容は御社技術様と事前にご相談の上決定いたします。

④ 基板改版

検討結果を反映した基板の改版作業を御社仕様にて行います。
※ 御社の回路図作成環境をお借りする場合がございます。
※ 基板試作、部品マウントは御社ご指示の業者様にて行います。

⑤ 改版基板の評価

改版基板の通常動作と高低温等のストレス評価を行います。
※ 評価内容は御社技術様と事前にご相談の上決定いたします。

⑥ エバボード等を使用して代替FPGAへのRTL移植と技術的評価

FPGAの変更検討がある場合には通常の部品変更検討と並行して進めます。検討内容はRTL移植と技術的評価になります。
※ 御社にFPGA動作の詳細仕様書が存在しない場合にはRTLからリバースエンジニアリングを行い仕様書を作成いたします。

 

実績

弊社のコスト改善・技術評価支援は2018年5月に開始しました。しかし、担当エンジニアはすべてソニー株式会社の業務用機器(特に放送局用機器)の開発設計の出身者です。新規開発業務と並行して現行機種のコスト改善業務にも長年の経験と実績がありますのでご安心ください。

 

ご依頼方法

先ずはご連絡を頂ければと思います。その後、弊社営業が御社までお伺いいたします。